画像

車の豆知識その8

 ハイオク(プレミアム)仕様の車にレギュラーガソリンを入れて走ったらエンジンは壊れるのか?

車にはハイオク仕様とレギュラー仕様があるのは、ご存知の通りです。
ハイオクガソリンはレギュラーガソリンにくらべて10円程度高いことが多く、
満タンにすると300円~500円程度の料金差が発生します。

ハイオク仕様のクルマに乗っている人は、給油のたびに次のような疑問が頭に浮かぶと思います。
「これ、レギュラーでもいけるんちゃうやろか(゜ω゜)」
はたして、本当にハイオク仕様のクルマにレギュラーガソリンを入れても問題ないのでしょうか?

 そもそもなぜガソリンにはハイオクとレギュラーの2種類のがあるのか?

そもそもガソリンの種類が2種類あるために、ハイオク仕様に乗っている人は損をした気分になってしまうわけです。
なぜ、すべてのガソリンを1種類に統一できないのか?
それはガソリンが2種類ある理由は、エンジンの高性能化にあるのです。
ガソリンエンジンというのは、ピストンで圧縮した空気とガソリンの混合気にプラグで着火をして、爆発させています。
このとき、混合気の圧縮比を高くすればするほど、パワーが出やすくなります。
それならば、どんどん圧縮比をあげていけば高出力のエンジンが簡単に作れると思うでしょうが、そう単純にはいかないのです。
なぜなら、圧縮比をどんどんあげていくと、ノッキングという現象が発生してしまうからです(´ω゜)<ナルホドワカラン


ノッキングというのは混合気の自然発火によって起こる現象で、圧縮された混合気がプラグで着火をする前に勝手に爆発をしてしまうことによって起こります。
ディーゼルエンジンの「カラカラカラ」という音を聞いたことがあると思いますが、あの「カラカラカラ」という音がまさにノッキングを起こしている音なのです。(・ω・)<成程、完全に理解した(わかってない)


ディーゼルエンジンにはプラグがなく、高圧縮比によって自然着火させる仕組みになっているので、ノッキング音がするのは当然のことです。
エンジンの圧縮比をあげることで高出力を得やすくなるのですが、その結果としてノッキングが発生しやすくなるという問題が生じるわけです。
ノッキングを起こしてしまうとパワーが出にくくなるばかりか、エンジンに悪い影響をおよぼす可能性があります。
圧縮比を高くしたエンジンがノッキングを起こさないように、オクタン価を高めて製造されたガソリンがハイオクということになります。

 つまりどういう事よ?(´ω`)

つまり簡単に言うとハイオク仕様車にレギュラーを入れると本来のエンジン性能が活かせない!
そして最悪の場合エンジンに過剰な負荷が掛かって壊れてしまう!という事です!
なんで壊れるか?



それはノッキングというのは、エンジン内部の異常燃焼になります。
異常燃焼を起こすと燃焼室内が高温になりますので、最悪の場合はシリンダー内に油膜切れを起こしてシリンダーやピストンを溶かしてしまうことがあります。


ディーゼルエンジンではないのに、ボンネット付近から「カラカラ」とか「キンキン」といった音が聞こえてくるクルマは、ノッキングを起こしている可能性があるので、要注意ということになります。


たとえエンジンがすぐには壊れなかったとしても、悪影響は間違いなくありますし、パワーダウンにもつながります。
ノッキングが起きていると分かったら、エンジンに高負荷をかけないようにして、すみやかに修理工場に持ち込んだ方がいいでしょう


ちなみに、ディーゼルエンジンの場合は、そもそもノッキングが起きることを前提に作られていますので、どんなにカラカラ音がしてもまったく心配する必要はありません。

 じゃあハイオク仕様車にレギュラー入れたら壊れるのか?!(゜Д゜)

そう考えてしまいがちですが、
今の時代のエンジンはかなり優秀でノッキングセンサー等が搭載されており簡単にノッキングが起こらないようになっておりいきなり壊れるという事はありません。



しかしパワーダウンは確実に起きますし、ハイオク仕様車にレギュラーを入れててエンジンが壊れた場合は保証対象外になる可能性も有ります。
せっかく高性能なエンジンを積んでる車をご購入されたのであればそれを常に活かした状態でお乗りになった方がよろしいかと思います。
勿論「パワーダウン?故障?その時はその時だ!」という人は構わないと思いますが…。

 メーカーの公式ホームページでは

トヨタ自動車
レギュラー指定のクルマにハイオクを入れることは特に問題がありませんが、ハイオク指定のクルマにレギュラーを入れた場合、本来の性能が発揮できない場合やトラブルの原因になる場合があるので、注意が必要です。



スバル
Q:プレミアムガソリン仕様車にレギュラーガソリンを使用しても問題ありませんか?
A:エンジン性能を十分発揮できなかったり、始動性が悪くなる場合があるので緊急以外の使用は避けてください。使用を続け万一エンジン不調などの不良を生じた場合は保証の対象外となるケースがあります。



上記のように、どうしてもハイオク仕様のクルマにレギュラーガソリンを入れて走りたいという方は、あくまでも自己責任で行う必要があります。

 じゃあレギュラー車にハイオク入れたら能力上がる?(・∀・)

結論から言うとレギュラー車にハイオクを入れてもレギュラーと何も変わりない走りです。
エンジンが壊れるという事も無いですが性能が上がるという事もありません。



クルマのエンジンというのは、入れるガソリンの種類によってパワーが上がるほど単純なものではないのです。


ハイオク仕様にレギュラーを入れるとパワーダウンしますが、レギュラー仕様にハイオクを入れてもパワーアップはしない、ということになります。


ただ、ハイオクを使うとわずかながら燃焼カロリーが多くなるといわれており、その結果として燃費が多少はよくなる可能性もありますが、1リットル当たり10円の価格差をカバーできるだけの燃費向上が期待できるかどうかは疑問です。
また、ハイオクガソリンには、エンジンのカーボンなどを除去する効果のある添加剤などが含まれています。


エンジンのクリーンナップ効果を期待するというのであれば、レギュラー仕様の車にハイオクガソリンをときどき使用してみるのもいいかも知れません。
ただし、コスト的にはカー用品店などで別途添加剤を購入して入れた方が安上がりな気もします。

無料のご相談はこちらからお気軽に

 












お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-62-5575
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!