画像

車の豆知識その16

 四駆ってそもそもどういう意味?(・ω・)

今では当たり前のように聞く【四駆】という言葉。
しかし実際に四駆ってどういう意味なの?と聞かれたら答えれる人は少ないのではないでしょうか?
今回は四駆ってどういう機構なのか?
そして四駆に乗っておけば安心なのか?
それを調べてみましょう!

 四駆とは四輪駆動という意味

そもそも四駆とは四つのタイヤがそれぞれ別々に駆動しているという事です。
そしてFF車やFR車というのは二輪駆動と言って、四つのタイヤの内、二つのタイヤが駆動している事です。
じゃあFF車とFR車はどういう意味?という事ですがそれはまた明日の豆知識で!(・∀・)
そしてよく勘違いされる事ですがSUV車は全部四駆だと思われてる方が多いそうですが、
実際は違います。
そもそもSUVとは豆知識その15でご説明した通り、「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」という多目的スポーツ車という意味ですのでSUV=四駆という事ではないのです。

 四駆はどんな事で便利なのか?

四駆とは4WD のことです。
4WD とは(four wheel drive )の略称です。
4WD と言い方は世界全体では使用しません。(´ω`)ソウナンダ…
日本独特の言い方で世界ではAWDと言う言い方が主流です。
AWDと言うのは (all wheel drive )の略称です。
つまり6輪だろうが8輪だろうが全てのタイヤが駆動しているという意味です。
元々雪道や凸凹道を走るために開発されたシステムだと言われています。
タイヤの駆動力は、4つに分散されるので少々スリップしても車自体は進むことができます。
例えて言いますと雪が積もった坂道を登ろうとした時に二輪駆動車ですと(ここではFF車と過程して)、
前輪のみしか駆動してないので後輪は前輪に付いて行ってるだけです。
その為、前輪が滑るともうその時点で坂道を登る事が出来なくなります。
しかし四駆だと四つのタイヤが全て駆動してる為、二輪駆動と比べて滑りにくくなってます。
その為、四駆の一番のメリットは悪路に強く4つのタイヤに駆動力が分散しているためにスリップを起こしにくいと言うことです。

 四駆のデメリットは?

四輪駆動車は、二輪駆動車に比べてシステムが複雑になるために重量が重くなってしまいます。
したがって重量が重くなると燃費は悪化します。
さらに重量が増えると当然動力性能が悪化してしまいます。
ばね下重量(足回り以下の重量)は軽くなるほど乗り心地が良くなる傾向があります。
従って重量が重くなると乗り心地が悪くなると言うことです。
さらに4WDは、ドライブシャフトとデフの重量が加わりますのでバランスの悪い乗り味になってしまいます。
重量が重くなるとロードノイズが増えることもある様です。


一番の違いは車両本体価格
一般的に4WD 仕様の車は、2WD 仕様の車よりも20万~30万円高くなってしまいます。
しかし買取の時に20万~30万円高くとってくれると思いがちですがそうではありません。
昔はそうでしたが今は違うのです。
どうしても四駆は燃費が悪いので買取の時はFF車と比べると値が落ちやすいとされています。
このように、SUVでも基本的に2WDの方が様々な面でバランスがよくお得なのです。

 じゃあ2WDと4WDどっちがいいの?

前述したように4WDは、雪道や悪路を走るために開発されたシステムです。
ですので真価を発揮するのはそういった 場面です。
アイスバーンのカチカチに凍った路面で、坂道の途中からスタートするのは2WDではかなり辛いです。
でも4WD だとお尻を振ることもなく登ってしまいます。
2WDと4WDで迷った場合は、きつい上り坂で雪の降る時に走行する場合があるかどうかということで判断したら良いです。
例えばスキー場へ1年に25回以上行く人の場合ですと普通は4WD なのですが、今まで2WDで困ったことはありません。
ぶっちゃけ普通の圧雪された雪道であれば、2WDでも登っていけます。
車が埋まってしまう様な大雪の時とか、カチカチに凍ったアイスバーンとか、雪が溶けてぐずぐずになった状態であれば少し苦労しますね。
しかしそんな時でも、軽自動車でも最低地上高の高いハスラーであれば大丈夫だと思っています。
さらに軽量で下り坂でも滑りにくいですし、マニュアル仕様だと尚更スピードコントロールがしやすいのでスタックからの脱出もしやすいです。

いかがでしたでしょうか?
SUV =4WD と勘違いしている人もいる様です。
またSUVと4WDはどこが違うのか知らない人もいる様です。
結局違いも何も元々比較の対象にならないのですが、SUVは車の種類で4WDは車の駆動方法のことですのでまったく違う意味なのです。
SUVは今や車の中ではおしゃれな車という位置付けになりました。
昔の様に悪路だけを走る車ではなくなったのです。
そして今の時代では軽自動車でも四駆がありますので無理に大きな車の四駆を買う必要性も無くなってきました。
実際今の時代で大型の四輪駆動のSUV車があるメーカーはトヨタのランドクルーザーぐらいで、他のメーカーは小型化になっています。
ちなみにレクサスでSUV車のLXのエンジンは5.6リッターの化け物エンジンという…。
ただ税金はランドクルーザーと同じ8万8千円です

(´ω`)<燃費?気にしちゃダメだよ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!