画像

車の雑学その15

 SUVって何?(・ω・)











自動車のタイプにはセダン、バン、ワゴンなどいくつもありますが、日本での人気はもちろん、世界的にも日本車ではSUV車と呼ばれるタイプの人気が高いそうです。
車高が高くて大きめの車、というようななんとなくのイメージがあるものの、実際のところSUVってどういう意味なのでしょうか。
SUVとは「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略称で、「多目的スポーツ車」という意味があります。
そのため、SUVの意味はかなり広く考えることができ、いろいろなシーンで使える実用的な車であればなんでも良いということになります。
実際にSUVと呼ばれている車をみると、アウトドアや悪路でも走ることができるタイプのものが多く見られます。
また、室内が大きめで荷物が運びやすいというもの・タイヤサイズが大きめの車が多いです。

 SUVとRVとは違うの?(´ω`)

アウトドアや休暇で乗るような車というと、RV車という言葉を思い浮かべる方も多いのでは無いのでしょうか?
レジャーを楽しむことに重きをおいた車という意味で捉えるとSUVにも分類されるのですが、RVはアウトドア用の車の意味合いが大きいです。
具体的にはトヨタのランドクルーザーや、三菱パジェロなどがあって、「Recreational Vehicle( レクレーショナル・ビークル)」つまり遊びに使える車を指しています。
特にアウトドアで使うことを想定していて、車でキャンプサイトまで行って車のすぐそばでキャンプやバーベキューができるような車というイメージで売り出されていました。
荷室もシートも大きめに設計されていますので、室内空間が広々としていて快適であることも、こうしたRVの条件となっています。
SUVはそうしたRV車も、街乗り仕様の車も含めたものを指します。
具体的には各メーカーで、以下のものがSUV車として発売されています。

 国産メーカー各社から発売されているSUV

トヨタのSUV 「ランドクルーザー」「サーフ」
トヨタの代表的なSUVはなんと言っても「ランドクルーザー」でしょうか。
公式サイトでトヨタのSUVのラインナップは「ハリアー」「ランドクルーザー」「C-HR」などが挙げられています。
特にランクルは堅牢なボディーと耐久性のあるエンジンで、一昔前ならクロスカントリーのRV車としても長年憧れの存在だったようです。

ちなみに私が一番好きな車のランドクルーザーです(´ω`)

ホンダのSUV 「CR-V」
ホンダの世界戦略車の一つともなっているCR-Vは、コンパクトさもあるSUVで非常にバランスが良いのが特徴です。
街中でも運転しやすく、燃費性能にも優れているという点で本当の「SUV」に分類される車、という印象があります。


日産のSUV 「エクストレイル」
エクストレイルはアウトドアでのレジャー使用を強く意識しているSUVです。
そのため、汚れや水に強い素材を使ったインテリアを採用しているなど、実際、遊ぶ時の車としての利用にとても便利な作りとなっています。



マツダのSUV 「CX-5」
上質感の高いSUVで、デザイン性が非常に高いモデルです。
高級感のある内装なのですが、価格はそれほど高く無いということでコストパフォーマンスが良いのも人気の理由となっています。
ターボエンジンを利用したパワフルな走りも、車で遊ぶという目的にぴったりです。


スバルのSUV 「XV」「フォレスター」
スバルが誇る走破性の高さはSUV車にぴったりとマッチします。
そのパワフルさとバランスの良い荷重の取れた車を持つ代表格とも言えるのが、XVやフォレスターです。

 SUVに乗るメリット(°∀°)

カッコイイ!(`ω´)b


というだけではありません。
SUVは車高が高いものが多く、タイヤも大きめに作られているので悪道でも走破できるというのが大きなメリットです。
砂利道でも多少の泥道でも問題なく進めますので、特にオフロードでの真価をはっきしてくれる車といえるでしょう。
タイヤサイズも普通の車に比べると大きいものが多いので、石が転がっているようなところでも安心して走行できます。
また、SUVは車内が広く取られているものが多いので、荷物を運ぶにしても人が乗るにしてもとても快適で便利であるというのもメリットの一つです。
ゆったりと車内で過ごせますので、家族みんなで移動する時などに居心地の良さを感じることができるでしょう。

 SUVに乗るデメリット(´д`)










一つのデメリットは、ボディーが大きい分取り回しが難しく、特に狭い路地や駐車場などでの運転が難しく感じるという点です。
普段軽自動車など小さい車を運転していると、SUVの大きさに慣れるまで車庫入れや狭い道のすれ違い時に運転が大変と感じるかもしれません。
バックカメラを設置するなどして、後方の視界を確保して安全に運転できるようにすることで、こうしたデメリットを解消できるでしょう。
ただし、ハリアーなどのSUVであれば車高が高かったのですが、モデルチェンジなどを経て全体的にサイズが小さくなっています。
大きさによる運転のしにくさなどのデメリットは多少減っているのかと思います。



そして燃費が一部を除き悪いという事です。(ハイブリットや軽のSUVの燃費はそこそこ良い部類です)
車重が重い分、エンジンもそれ相応のモノを積んでますから当然といえば当然ですがお財布に優しくありません。
ちなみに税金も基本的に高いです。
トヨタのランドクルーザーは税金が7~8万はするので乗る時は相応の覚悟は必要かと思います。
後はタイヤなどの部品が基本的に高いので買い替え等の時はかなりの出費になります。
しかしそれらのデメリットを負ってでも乗りたいと思わせるのがSUV車だと思います!

 SUVといっても車種は様々!自分に合ったSUVを!









SUVの定義が「多目的スポーツ車」ということで、大小・機能も様々なSUVが存在します。
トップ10の中に軽自動車に分類されるスズキのジムニーや、ハスラーもありながら、トヨタのランドクルーザープラドというサイズの大きいものもあるのです。
SUVというカテゴリーが人気なのは、そうした多様性がある点も理由なのかも知れません。
一口にSUVといってもとても多くの中から、しかもそれぞれ個性の違った車の中から選ぶことが出来るので、「燃費重視」なのか「街乗りでの小回りのきくタイプが良い」のかなど、ご自身にあったものを選んで下さいね。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!