画像

車の豆知識その3

 車のナンバープレートの頭文字(´・ω・`)

自家用車を所有している人はご自身のナンバーを思い出してみて下さい(・ω・)
ナンバープレートは、地名の横の分類番号、その下にあるひらがなと数字4文字で構成されています。
普通車のひらがな部分
「さ・す・せ・そ・た・ち・つ・て・と・な・に・ぬ・ね・の・は・ひ・ふ・ほ・ま・み・む・め・も・や・ゆ・ら・り・る・ろ」の29文字

軽自動車のひらがな部分

「あ・い・う・え・か・き・く・け・こ・さ・す・せ・そ・た・ち・つ・て・と・な・に・ぬ・ね・の・は・ひ・ふ・ほ・ま・み・む・め・も・や・ゆ・よ・ら・る・                               
                           ろ・を」の39文字

 車のナンバープレートで頭文字が「お」「し」「へ」「ん」は無い!

一方、ナンバーに使用されていないひらがなも存在します。まず1つ目は「へ」です。そういわれてみたら見たことがないなと思い当たる人もいるでしょう。これにはれっきとした理由があります。
それは「へ」=「屁」を連想させイメージが良くないからというあまりにもストレートなもの。
確かにせっかく大金を払って購入した車のナンバーが「へ」だったらショックかもしれません(´Д`)

 他の「お」「し」「ん」が無い理由は…

「お」…「あ」「す」「む」と見間違える可能性があることに加え、「を」と発音が同じであるため。
「し」…「死」を連想させ、縁起が悪いからという理由。
「ん」…発音しにくいことから使われていません。

 レンタカーは「わ」「れ」が使われています

レンタカーには「わ」を使用(軽自動車は「わ」)しています。
最近では沖縄などの観光地を中心に、レンタカーの車両数が増えすぎたことが原因で普通車にも「れ」が使われるようになっています。
ピッカピカの高級車に乗って、ドヤ顔でデートの待ち合わせに登場してもナンバーから「レンタカー」とバレてしまい、恥ずかしい思いをするかもしれないのでご注意を…(゜Д゜)<相手の人がその情報を知っていればですが…

 事業用や駐留軍人車両用もひと目でわかる!

事業用として使用するために登録した車のナンバーは、普通車では「あ」「い」「う」「え」「か」「き」「く」け」「こ」「を」が使用されます(・ω・)
また軽自動車は「り」「れ」が使用されています。
ちなみに「E」「H」「K」「M」「T」「Y」は日本に駐留しているアメリカの軍関係者が使用(軽自動車は「A」「B」)されています。
「よ」は日本で退役または除隊をした軍人の自動車に使用されています。
珍しいアルファベットのナンバーは現役の軍人やアメリカ国内や在外基地から持ち込まれていることが多い特殊ナンバーなので、
地域によっては見かけることがあるかもしれません。

無料のご相談はこちらからお気軽に

 












お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-62-5575
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!